■サイト内検索■

携帯用ハンズフリー

このエントリーをはてなブックマークに追加
最近では携帯電話の普及によってクルマの運転中に電話で会話する人も多くなっています。
特に仕事でクルマを運転しているときに会社からかかってくる事もあり、急ぎの用事かもしれないので出ざるを得ない、といった事も多いのではないでしょうか。
しかし、運転中携帯電話で通話していて事故を起こすことも多くなっており、メールの受信操作などに気を取られて事故を起こしてしまった、といったパターンが多いようです。
このような事態で警察や保険会社によって様々な調査が行われていますが、運転中に携帯で話している場合は血中アルコール度数が0.08%の人と変わらない、といった報告もあります。
前を見ていても話しに夢中になってしまえば見えていないも同然、といったところでしょうが警察としてはこれを放置するわけもなく、平成11年に運転中の携帯電話の使用禁止を定めています。
ただし、ご存じのようにハンズフリーの装置を使った携帯電話については禁止事項に触れていません。
携帯以外の機器、例えば無線機なども禁止事項の対象にはなっていません。
ここで注目を浴びたのが携帯用のハンズフリー装置でした。
車用品のお店に行くとたくさんの種類のものが置いてあり、値段も様々です。
値段の安いものはそれなりに装置として動作しますが、値段の高いものはブルートゥースが使えたりさまざまな機能を付加したものが多いようです。
ただし、最近の研究では携帯電話の使用はハンズフリーの有無に関わらず危険性が高いとする研究結果もありますのでできるだけ運転中の携帯電話の使用は控えるようにしましょう。

Copyright (C)2017自分の愛車を最強にする車用品〜かっこいい車に乗りたい!〜.All rights reserved.