■サイト内検索■

こだわるカーオーディオ

このエントリーをはてなブックマークに追加
最近よく見かけますがミニバン、あるいはワンボックスの荷台に大きなスピーカーを積んでいるクルマ、あるいは何故か後続車にもよく見えるようにモニターが設置してあるクルマです。
ここではそういった規模の大きいものから一般的に使われているカーナビやオーディオまでをひっくるめてカーオーディオとして紹介します。
クルマに限らずオーディオはとことんこだわる人と使えればいいや、という人に分かれると思います。
オーディオの中でもカーオーディオというのは音にこだわる場合非常に難しいのです。
すべてのオーディオというのはスピーカーから音を出すものですがこのスピーカーのエンクロージャー、つまり箱の部分が大きければ大きいほど豊かな音を出すと言われています。
中で共振する空気の量が多いので当然ですね。
しかしカーオーディオの場合、フロントのスピーカーは大抵の場合フロントドアかダッシュボードに設置されていて容量が少なめです。
おまけにドアの中にはスピーカー関連以外の様々な部品が入っているので余計な共鳴なども起こしたりする恐れがあります。
よくドアの中に鉛のシートを入れたりするのはこういった共振を防ぐとともに音の鳴りを良くするためなのです。
スピーカーの位置がダッシュボードの場合はさらに悪く、こだわる人はフロントドアなどに移設したりする場合もあります。
出てきた音がフロントガラスに反響してしまうため位置が悪い、というわけですね。
たかが車用品でここまでやるのか、と思う場合もありますがこだわる人はとことんこだわる姿勢を見せるのがカーオーディオなのです。

Copyright (C)2017自分の愛車を最強にする車用品〜かっこいい車に乗りたい!〜.All rights reserved.