■サイト内検索■

スタッドレスタイヤとは

このエントリーをはてなブックマークに追加
冬の季節になると必要になる人も多いと思われるスタッドレスタイヤ。
スキーやスノーボード等ウィンタースポーツを楽しむ人や冬休みに雪が降っている故郷に帰る人にとっては無くてはならない車用品でしょう。
スタッドレスタイヤという名称について若い方はご存じないかもしれませんが、もともと寒冷地ではスタッド(ピン)タイヤが一般的に使われていました。
これはタイヤの接地面にスタッドが埋め込まれており、低い気温によってタイヤのコンパウンドが縮んだ時にスタッドが顔を出し、氷の路面に突き刺さるように食いついてくれるものでした。
しかし、圧雪や氷の状態の路面ならともかく、乾いた路面でこれを使うと道路を削り取ってしまい道路を傷めたり粉塵による被害があったりして使用を禁止されてしまいました。
そこでこのスタッドがなくても低温下でグリップしてくれるスタッドレスタイヤが開発されたのです。
スタッドレスタイヤのコンパウンド、つまりゴムは特殊なもので普通なら固くなってしまう温度でも柔軟性を保ち路面に食いついてくれます。
その代り、耐久性はサマータイヤに比べ劣っており、そのまま減り続けると低温時にグリップしてくれる部分が無くなってしまい、その下の通常のコンパウンド部分が顔を出してきます。
こうなると雪の上ではグリップしてくれません。
使用頻度にもよりますが例え最後まで減っていなくても2シーズン位をめどに交換した方が良いです。
この雪の上で使えなくなったスタッドレスタイヤは通常の路面で普通に走る分には使用できますので例えば緊急用に履く、といった使い方はできるでしょう。

Copyright (C)2017自分の愛車を最強にする車用品〜かっこいい車に乗りたい!〜.All rights reserved.